梅原麻紀

作品 出版物 バイオグラフィー コンタクト

 

作品

 

Archive HAYY

 

アーカイヴ ―ハイ―

2015年

Special Interview:プロジェクト参加者へのインタビュー / 16:9 / digital / 6’12”/ 英語、日本語字幕 / ハイに関する資料:映画 ハイ-独学のミュージカル、ミクストメディア
東京藝術大学大学美術館

* HAYYの詳細はこちら

 

* Top


 

Trance song and transmigration

 

トランスソングと転生

2015年

16:9 / digital / 2’00” / 英語 / ミクストメディア
アランアランハウス、バリ、インドネシア

 

* Top


 

Galungan & Kuningan

 

ガルンガン & クニンガン

2015年

16:9 / digital / 東京藝術大学エスノアートラボ

 

* Top


 

Coloured Batik

 

隠された欲望

2012年

カラーバティック
シルクスクリーン、ミクストメディア
Galerie Juliette Jongma、アムステルダム、オランダ

* 詳細はこちら(エッセイ)

 

Mediated landscape

メディア風景

 

Lines of river

川の線(左)、 誰も知らない(右)

 

* Top


 

Homes in Mum-Bay -exhibition view

 

ホームズ・イン・ムン-ベイ

2012年

シルクスクリーン、ミクストメディア
Kunstraum、デュッセルドルフ、ドイツ

 

Homes in Mum-Bay -exhibition view2

 

* Top


 

Ukifune -Tale of genji 1008

 

浮舟 —源氏物語 1008

2009年

ミクストメディア
Seewerk、ジルバーゼー、モアース、ドイツ

 

* Top


 

 

ヘテロ

2005年

ミクストメディア
デュッセルドルフ、ドイツ

 

Hetero with person

 

* Top


 

Bags

 

バッグ

1999年

銀塩プリント

アメリカ・ピッツバーグで制作した「バッグ」は、すべての作品のはじまりである。出会った10人のアーティストの身体の一部を型取りして10個の鞄をつくり、各人はピッツバーグから日本へ旅行者としてその鞄を運んだ。梅原は、鞄がプライベート空間、バス、地下鉄、空港などのパブリック空間、あるいはセキュリティー空間などの様々な境界を超えていくドキュメンタリー映像と写真を制作した。

生まれ育ったものとは異なる文化的環境に身をおき、アーティストとして旅をして暮らすなかで、梅原は場所と移動というテーマに興味を覚える。また、時間と空間を一時停止させるかにみえる空港に魅了される。ある国から別の国へ飛び、地球の自転よりはるかに高速で移動する。あるいは、自転に逆らって移動し、新しい国に到着する。そうした際の急激な変化は梅原にとって強い印象を残し、空港はさまざまな国の人々が交錯する神秘の場として映る。乗客の一人ひとりが過ごした個人的な時間は、時間そのものの本質を問うているようだ。そのような問いに没頭し、特定の建築的要素を参照したインスタレーションの創作を始める。

 

* Top


 

Cave

 

nüans

梅原麻紀、 アナ・ハイデンハイン、 エルマー・ヘアマンによるアーティスト・コレクティブ。2006年設立。

 

ハイ ー独学のミュージカル

2012年〜2015年

「ハイ —独学のミュージカル」は、中世イスラムの古典哲学小説、イブン・トファイルの『ヤクザンの子ハイ/独学の哲学者』にもとづいている。それは無人の熱帯の島で一匹のカモシカによって育てられた、一人の少年ハイの物語である。母親であるカモシカが死んだとき、命がどこから来るのかを知るために母親を解剖し、その環境を探ることから受けた感銘によってハイは成長する。彼は幾年もかけて世界の真理とその中に自己の場所を発見する。社会や言語、伝統から離れ、自力で成長していく。

「ハイ」は、島と孤独、独学、サバイバルといったテーマと関連して様々なアーティストが参加できる枠組みを提供するものである。nüansが編集したアーティスト・ブック『アポジー—孤独、エコロジー、レクリエーションの編纂』(レヴォルヴァー美術出社、2011)が出発点となっている。

 

Film by: Alexander Basile, Hugo Schneider, nüans / Choreography: Rita McBride / Music: sub-tle. / With: David-Marlo Conrads, Elke Kania, Karolina Thorwarth, Micheal Maurissens, Bambi, Andy Slemenda, Antje Feger & Benjamin Stumpf, David Bernstein, Carlotta Werner, Christian Wieser, Claudia Barth, Glen Rubsamen, Hiroyuki Masuyama, Hishiko Yamane, Hüseyin Karakaya, Janosch Pugnahi, Joni Waka, Maiko Sugano, Matthis Bacht, Miki Hoei, Naoki Matsushita, Olof Jönsson, Yoshimi Kanbayashi 

* アーティストブックHAYY(抜粋)

 

* Top


 

The beloved companion -omniscient

 

最愛の同伴者

2015年1月

«ハイの物語» ベルリン編 / 展覧会、シンポジウム / nüans and collaborators
ヴィチェ・ヴェルサ(レヴォルヴァー美術出版社ギャラリー)、ベルリン、ドイツ

 

The beloved companion -mother

 

* Top


 

Malkasten, HAYY and mother

 

ハイ —独学のミュージカル

2014年6月

パフォーマンス、展覧会、上映会、ブックローンチ
Film by: Alexander Basile, Hugo Schneider, nüans / Choreography: Rita McBride / Music: sub-tle. / Performance: Elke Kania, Micheal Maurissens, Olof Jönsson / Installation: Matthis Bacht / With: David-Marlo Conrads, Karolina Thorwarth, Bambi, Andy Slemenda, Antje Feger & Benjamin Stumpf, David Bernstein, Carlotta Werner, Christian Wieser, Claudia Barth, Glen Rubsamen, Hiroyuki Masuyama, Hishiko Yamane, Hüseyin Karakaya, Janosch Pugnahi, Joni Waka, Maiko Sugano, Miki Hoei, Naoki Matsushita, Yoshimi Kanbayashi 
マールカステン、劇場、デュッセルドルフ、ドイツ

 

Malkasten, cinema

Malkasten, exhibition view

Malkasten, Installation view

 

* Top


 

Symposium

 

スポイラー・アラート ーハイ プレヴュー

2014年5月

協同作業は派閥か?
シンポジウム / Alexander Basile, Carlotta Werner, Hugo Schneider, Elke Kania, Elmar Hermann, Maki Umehara / Moderation: Anna Heidenhain
クルンゲル、デュッセルドルフ、ドイツ

 

* Top


 

Spoiler alert, poster

 

スポイラー・アラート ーハイ プレヴュー

2014年5月

知識はどんな味がする?
パフォーマンス、上映会 / Omniscient (Elke Kania) and Fans / HAYY Trailor (Alexander Basile) / amüsgöl (Svenja Blanke and nüans)
アレーナ、c/oブラウライ・クルツァー、デュッセルドルフ、ドイツ

 

portrait of omniscient

 

* Top


 

The Dog House

 

再生への道

2013年10月

«ハイの物語» 東京編 / パフォーマンス、上映会
キャスト
サイレントホスト: sub-tle.
& ハイ: 応援者: 松下尚暉
好奇心の強い霊: 菅野麻依子
ホップ、ステップ & ジャンプ: 宝栄美希、神林佳美
学術を習得する舌: nüans(アナ・ハイデンハイン、エルマー・ヘアマン、梅原麻紀)
最愛の同伴者: ボギー
音楽: sub-tle. (作曲、プロセッシング), 松下尚暉(尺八)
衣装デザイン: ヒューゴ・シュナイダー
映像: アレクサンダー・バジル、ヒューゴ・シュナイダー
プロデュース: アーティストレジデンシー東京 / ザ・ドッグハウス
特別協力: 金王八幡宮
コンセプト & 監督: nüans
金王八幡宮、東京

 

愛するものの死。絶望の一方で、そこで芽ばえる生があるのかもしれない。nüansによるミュージカル・プロジェクト「ハイの物語」シリーズは、シチリア編、イスタンブール編に続き、「再生への道」と題して東京編を開催する運びとなった。ホストである渋谷ザ・ドッグハウスは、和歌助人氏の愛犬死後、愛の象徴としてコンセプチュアルアーティストのヨーゼフ・コスースによって創られたものである。

プロジェクトは孤独、生存、独学というテーマのもと、ザ・ドッグハウスを再生と叡智を探求する実験室としてとらえ滞在制作した。ベルリン在住のミュージシャンsub-tle.サヴトレと共同でダンス、音楽、映像などの領域を超えて新たなときを演出する。「再生への道」は、渋谷金王八幡宮を公開イベントの舞台に、現代社会における起源と文化的価値観の未来を再考する機会となる。

 

Konnoh Hachiman Shrine

HAYY in Tokyo

 

* Top


 

The HAYY residency

 

ザ・ハイ・レジデンシー

2013年10月

«ハイの物語» イスタンブール編 / アーティスト・イン・レジデンス、展覧会、 パフォーマンス
Alexander Basile (Cologne), Andy Slemenda (New York), Antje Feger & Benjamin Stumpf (Hamburg), David Bernstein (Amsterdam), Hüseyin Karakaya (Düsseldorf), Matthis Bacht (Heidelberg), nüans (Istanbul, Düsseldorf, Tokyo)
アサンソースス、イスタンブール、トルコ

 

* Top


 

HAYY in Sicily, poster

 

ハイの物語

2013年8月

«ハイの物語» シチリア編 / パフォーマンス
Hayy: Bambi, David- Marlo Conrads, Claudia Barth, Christian Wieser
Specialist: Karolina Thorwarth, Glen Rubsamen
Omniscience: Elke Kania
Costumes: Hugo Schneider
Choreography: Rita McBride
Cinematography: Alexander Basile
Concept and directed by: nüans (Anna Heidenhain, Elmar Hermann, Maki Umehara)
Curated by: Massimo Ricciardo,
Special Thanks to: Guardiola Contemporanea di Piraino / Festival La Rincorsa della Lepre

 

Guardiola Contemporanea

Guardiola Contemporanea Piraino, Sicily, Italy

 

performance at guardiola

 

* Top


 

exhibition view in India

 

ボートのオール それとも原石?

2012年8月

«ハイの物語» ムンバイ編 / 展覧会、パフォーマンス
CAMP, Hannes Böhringer, hobbypopMuseum, Shruti Mahajan, Raqs Media Collective, Elsa Fanton d´Andon, Géraldine
Longueville, Olav Mackaay, nüans(Anna Heidenhain, Elmar Hermann, Maki Umehara)
Live Music & Performance by: AjalaDhwani (Gandhaar Amin, Amar Kulkarni, Dhir Mody)
ギャラリー・マックス・ミュラー / マックス・ムラー・バワン・ムンバイ、インド

 

* Top


 

Smart Project Space, poster

 

アポジー —独学のミュージカル

2012年6月

«ハイの物語» アムステルダム編 / 展覧会、パフォーマンス、上映会 (SMART CHAPEL): nüans, MARINA, Gamze Özer, Timothee Huguet, Kristina Kramer, Christoph Westermeier, Michael H. Shamberg
The self-taught musical (SMART CINEMA): nüans & Live performances: Elsa Fanton d’Andon, Géraldine Longueville, WJM Kok / Video contributions: Chiqueria, Daniel Devlin, Dina Danish, Guy Ben Ner, Michael H. Shamberg, New Order, Yvonne Rainer / Music: Olav Mackaay
スマート・プロジェクト・スペース、アムステルダム、オランダ

 

* Top


 

APOGEE, book launch in Istanbul

Photo: Veronika Helvacioglu

 

アポジー —孤独、エコロジー、レクリエーションの編纂

2011年10月

展覧会、パフォーマンス、ブックローンチ、ボートトリップ
Exhibition with: Agan Harahap, Edwin Stolk, Borga Kantürk, Felicitas Rohden, nüans (Anna Heidenhain, Elmar Hermann, Maki Umehara) / “YLICIS, an Island” a story by: Mark von Schlegell
Cafe recordis -boat recordings by: Borga Kantürk
Hosted by: Kristina Kramer, Patricia Schnurr
ポリスター、イスタンブール、トルコ

 

APOGEE, exhibition view in Istanbul

 

* Top


 

Archive, nuans off space

Photo: Kristina Stoyanova

 

nüans

2006年9月-2007年3月

展覧会、上映会、レクチャー、パフォーマンス、シンポジウム

 

デュッセルドルフを拠点とした3人のアーティスト(アナ・ハイデンハイン、エルマー・ヘアマン、梅原麻紀)は、プロジェクト最初の半年間、オルタナティブ・スペースnüansを展開した。そこではテーマに沿ったグループ展と特別プログラムが開催された。出版物『PROP—to be a v.i.p.』は、そのイヴェントを記録であり、その後数多く開催されるプロジェクトの出発点でもある。

 

* Top